ホイールベアリングパーツ

GMBのホイールベアリングパーツ

ハブベアリングは車両自体の荷重を支え効率的な回転運動で車両運行の安全性と快適性の為の重要な部品です。従いまして、開発時には最適な強度設計及び、低温から高温まで対応できる温度設計を行っています。また、適切な素材選定、厳しい品質管理と製造技術により、軌道摩擦トルクを抑え燃費向上を目的とした開発をしています。

ホイールベアリングパーツの機能

自動車のフロントとリアアクスルのハブとナックルに固定されています。
車両の垂直及び軸方向の荷重を支え駆動軸の力を受け円滑に回転させる役割をしています。
転動体の種類によりボールベアリングとテーパーローラーベアリングでわけられ性能により第1世代、第2世代、第3世代に区別されています。

ホイールベアリングパーツの構造

テーパーローラーベアリングはアウターリング,インナーリング、テーパ―ローラー、リテーナ―の4個の構成品で組み合わされています。
アウターリング、インナーリング、ローラーは軸方向と径方向の荷重を支えられる構造をしており、主に産業用、自動車ミッション、ホイール、建設機械車輌などに使用されます。

第1世代

2個のベアリングを一体化した第1世代のユニット、この時点ではまだ内側、外側の形状の差異はない。

ボールベアリング
ボールベアリングボールベアリング
ローラベアリング
ローラベアリングローラベアリング

第2世代

サスペンション側への取付用にフランジを付けたタイプ

ボールベアリング
ボールベアリングボールベアリング
ローラベアリング
ボールベアリングボールベアリング

第3世代

ブレーキディスクやドラム、車輪を取り付けるフランジも作り付けにしたタイプ

ボールタイプ駆動輪用
ボールベアリングボールベアリング

アンチロックブレーキシステム(ABS)用センサーを内蔵した第3世代のユニット

ローラータイプ駆動輪用
ボールベアリングボールベアリング

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!