クラッチレリーズベアリング

GMBのクラッチレリーズベアリング

国際的に生産されるC/B(クラッチレリーズベアリング)は「鍛造タイプ」と「プレスタイプ」で大きく分類されています。
GMBでは両タイプに対し自社開発能力を確保しており、OEM供給方式として開発されたベアリングを供給し続けています。
特にクラッチレリーズベアリングへ重要設計項目及び品質確保に対し長期間の試験と 検証を通じて信頼性がある品質を確保しています。

クラッチレリーズベアリングの機能

クラッチレリーズベアリングはクラッチシステムに適用され、レリーズフォークから軸方向に動き、ダイアフラムスプリングへ力を伝達させながらエンジンから発生された回転動力をミッションへ伝達、あるいは遮断させる役割を助けます。

クラッチレリーズベアリングの構造

二つの軌道輪と多数の転動体とリテーナー、潤滑剤、密封製品で構成されています。
軌道輪は転動体が転がる道である軌道を持つベアリング部品です。
内側に位置されダイアフラムと摩擦力により接触される軌道輪を「内輪」と呼び、外側に位置されレリーズフォークに締結されている軌道輪を「外輪」と呼びます。
転動体は2個の軌道輪の間を転がるボールのことをいいます。
リテーナーは転動体と一緒に回転する部品で、転動体を適切な間隔で保ち、導く役割をします。
この他、転動体が回転の摩擦を最少化させる潤滑油の役割するグリスとベアリング内部の密封性を維持させるシールで構成されています。

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!