ユニバーサルジョイント

GMBのユニバーサルジョイント

ユニバーサルジョイトが使用されているドライブシャフトは、自動車産業だけでなくあらゆる産業分野において「限られたスペースで如何に高出力を効率よくトルク伝達出来るか」が追及されています。

GMBではドライブシャフトやプロペラシャフトというモジュールではなく、これらを構成する部品の中で最も重要な部品であるユニバーサルジョイントのみをご提供しております。そのため、シャフトサイズや使用条件に柔軟に対応することができ、OEM市場での実績を伸ばしています。また、補修市場においても幅広い品揃えでブランド展開を行っております。
GMBでは多くの製造工程を自社で行っています。それにより培った経験・実績・生産技術・研究開発を基に「あらゆる環境下において高性能で経済的に優れたユニバーサルジョイント」を最高の品質・最高のサービスをご提供し、各分野のお客様のニーズにお応えしております。

ユニバーサルジョイント

ユニバーサルジョイントの機能

動力を伝達するドライブシャフトは、限られたスペースの中に設置されるため同一軸上に配置されることはあまりありません。しかし、ユニバーサルジョイントを使用することにより、限られたスペース内においても駆動軸と従動軸をフレキシブルに連結することができ、スムーズなトルク伝達が可能になります。
一般的には1本のシャフトでユニバーサルジョイントは2個1対で使用されます。組付けに際して、駆動軸と従動軸とを等速にするため、①同一作動角 ②同一平面内 ③同位相になるような配置にすることが重要です。

シャフト組付の基本事項~等速回転条件

  • ①同一作動角:屈折角度A及びBは同一角度となるように配置する
  • ②同一平面内:駆動軸、中間軸(推進軸)、従動軸は同一平面上に配置する

シャフト組付の基本事項~等速回転条件

  • ③同位相:駆動軸と従動軸のヨークは同方向で、同一直線上に設置する

シャフト組付の基本事項~等速回転条件

ユニバーサルジョイントの構造

ユニバーサルジョイントは、十字型の軸とグリースが充填された4個の転がり軸受(ベアリング)で構成されており、低摩擦で高いトルク伝達効率が確保できます。
軸の役割となるスパイダーと外輪の役割となるベアリングケースは、熱間鍛造又は冷間鍛造で成形後、複雑な形状にも対応可能な切削加工を行い、最適な浸炭焼入れによって高い強度と耐磨耗性を確保し、最後に精密な研磨加工で仕上げております。また、オイルシールやダストカバーは軸受内部への異物侵入防止の役割を担っており、様々な使用環境に応じて高温仕様や寒冷地仕様などに最適な形状や材質を選定しております。

ユニバーサルジョイントの構造

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!