コントロールアーム

コントロールアーム及びボールジョイントの機能

独立懸架式サスペンションの方式には、ダブルウィッシュボーン式とストラット式、マルチリンク式、トレーリングアーム式等が有り、車輪と車両を連結固定させるホイールアライメントの決定要素になる重要な部品です。
車の直進性や操舵性を確保する為に必要な部品で、自動車の運動性能にはロール等で車両が傾く時にアライメントが重要になります。
コントロールアームは車両側はラバーブッシュで、車輪側はボールジョイントで固定されており、路面変化による変位に対応して振動を吸収し、車両に直接振動が伝わる事を防止しています。

コントロールアーム及びボールジョイントの構造

コントロールアームには上部のアッパーアームと、下部のロアーアームとの2種類が有ります。車両側には固定の為のラバーブッシュが、車輪側にはボールジョイントを取付けるための穴が有ります。アーム本体は車輪と路面の間に発生する駆動力、性動力、横力等各種の路面反力に耐えられる様に、車両によって圧延用鋼板、鍛造用鋼、アルミニウム合金、鋳鉄等の材質を使用しています。
ボールジョイントの取付方式にはボルト式、リベット式、ボールジョイント圧入式など様々な形式が有り、またアームとボールジョイントの一体式も有ります。

ボールジョイントはコントロールアームに取り付けるハウジングと車輪に取付けるボールスタッドから成っており、ボールスタッドとハウジングの間に樹脂シートを組付けております。内部のグリース漏洩防止の為にプラグまたはキャップを挿入してハウジングにカシメを行ない、このカシメの反対側には泥や水の浸入防止の為にグリースを充填したゴム製のダストカバーを取り付けています。

ボールジョイントの分類ではコントロールアームへの取付方法により圧入式、ボルト式、リベット式、アームとの一体式が有り、車輪への取付方法はアッパー固定式とピンチボルト固定式が有ります。
また、内部のボールシートの材質によってメタルタイプ、樹脂タイプが有り、メタルタイプには持続的なオイル供給の為に外部にグリースニップルが付属していますが、樹脂タイプは製造時にボールとシャフトの間に特殊配合のグリースを注入する為再給油が必要ないので、グリースニップルの必要がありません。
GMBでは近年、主に樹脂タイプを採用しております。

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!