インナーシャフト

インナーシャフト(アームシャフト)の機能

独立懸架式サスペンションのダブルウィシュボーン式に採用されているコントロールアームを車両に固定する部品です。上部のアッパーアームシャフトと下部のロアーシャフトの2種類が有ります。
ホイールアライメントの決定要素で、このアームシャフトと車両の間にシムを入れることでキャンバーとキャスターの調整が可能になります。

インナーシャフトの構造

インナーシャフトには上部のアッパーインナーシャフトと、下部のロアーインナーシャフトが有ります。シャフト形状を成し車両側に固定する為のボルトホールとインナーシャフトに連結する為のねじブッシュを備えております。
このブッシュはボルト等でコントロールアームに取り付けられ、車輪の上下運動に対応してボルトとブッシュの間で回転運動をし振動を吸収しています。また回転運動の潤滑に必要となる為、ブッシュにはグリースニップルを備えております。

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!