スタビライザーリンク

GMBのスタビライザーリンク

GMBのスタビライザーリンクは適度な摩擦トルクと回転運動を持っており、車両のスムーズな操作が可能です。また路面の不規則な変化に適度に反応し、車両の安定した走行性と安心の乗り心地をサポートします。
これらを実現する為にGMBでは耐摩擦性に優れた樹脂シート(POM:ACETAL)や、球継手の球との間には特殊合成グリースを使用して摩擦を最小限に抑えており、ダストカバー(防塵カバー)内には泥水浸透防止グリースを使用しスタビライザーリンクの長寿命化に取り組んでおります。
タイGMBでは開発時に必要な静的試験・破壊試験・耐久試験を実施し、製品の信頼性を確保しております。
特殊鋼における適切な熱処理及び徹底した受入検査、各製造プロセスにおける自主検査・巡回検査を平行し、徹底した品質管理で乗り心地と安全性を保障しております。

スタビライザーリンクの機能

独立懸架式サスペンションにおいては、路面状況によって左右のバランスが崩れてしまうので、左右の車輪の同調が必要となります。そこでスプリング材でスタビライザーバーを設置して、左右の車輪の高さの差によってトーションモーメントが発生する様にスタビライザーバーを車体に固定させています。
左右車輪の高さの差による上下運動エネルギーをトーションエネルギーに変換して両方の車輪の均衡を保持する事が出来るので車輪の傾き状態の防止と振動を抑制する事が出来ます。
スタビライザーコンロールリンクの一方はスタビライザーに固定され、もう一方は車体に固定されます。最近では車体の方へはダンパーに固定する事が多いのでスタビライザーコントロールリンクの長さが長くなっています。長くなると座屈が起こりやすくなる為、座屈を考慮しバーの径が決まっています。
ストラット式サスペンション車の前方の物は操向ホイールの回転によってストラットも回転する為、スタビライザーコントロールバーの作動角が大きくなります。

スタビライザーリンクの構造

スタビライザーバーを車体に連結固定する為に連結棒が有り、連結棒の両端には連結装置が有ります。連結装置には両方ボールジョイント式と一方ゴムブッシュ式の2種類が有ります。
ボールジョイント式は連結棒に溶接したハウジングの中に樹脂ボールシートが有りその中にボールスタッドが位置します。ボールスタッドとボールシートの間には特殊合成グリースを入れて摩擦を防止しています。グリース漏洩防止及び侵入防止のためにハウジングの一方にはプラグを挿入してハウジングをカシメ、その反対側にはグリースを注入したダストカバーを組立しています。
ボールスタッドには組立又は分解をする為にスパナ掛けの六角か六角穴かの二面幅が有ります。。

国内、海外を問わず、お客様の幅広いニーズに自信を持ってお応えします!